インドネシア市場への進出|開業時やリニューアル時は内覧会の機会|他の歯科に負けない方法
男女

開業時やリニューアル時は内覧会の機会|他の歯科に負けない方法

インドネシア市場への進出

男性女性

巨大市場と成長力に魅力

日本では少子高齢化から人口減少へと社会が大きく変容し、今後の国内市場には大きな成長が見込めないと言われています。限られたパイを奪い合う形となる国内市場に比べて、発展途上国を中心とする海外市場には大きな可能性が秘められています。特に近年ではアジア各国の経済成長が著しく、東アジアや東南アジアを中心に消費パワーが急上昇中です。伸び盛りのアジア市場でも、1万を超える島々から成るインドネシアは最も大きな発展の可能性が期待できる国として注目を集めています。世界第4位の人口2億3千万人を擁するばかりでなく、年齢別人口比率を見ても日本と比べて圧倒的に若い世代の多い点がインドネシアの特徴です。首都ジャカルタを中心に安定した経済成長を続けているインドネシアだけに、国民の購買力も近年になって急上昇カーブを描いています。日本で言えばちょうど昭和の高度経済成長期に相当するのが、現在のインドネシアなのです。すでに多くの日本企業がインドネシア市場の優良性に着目し、現地支店や支社・現地工場を設立しています。発展途上国への進出は政情の部分が心配されますが、政治的に安定しているインドネシアは治安の面でも改善されています。

困難な海外進出を支援

世界有数の親日国と言われるインドネシアでは、日本製品に対する高い信頼感も見られます。日本企業にとってはトップクラスの魅力的な国ですが、企業が海外進出を果たすのは簡単なことではありません。日本や他のアジア各国とは異なるインドネシア特有の事情もありますし、法律を遵守して現地でのビジネスを立ち上げるには数々の関門が待ち構えています。スムーズな進出を実現するには、ビジネスパートナーとしてのインドネシア進出支援会社の協力が欠かせません。そうしたサービスは現地の市場調査や競合企業調査といった各種調査を手始めに、現地法人設立からその後のサポートまでを支援しています。ビジネス形態によっては現地採用も必要となりますが、インドネシア進出支援会社が採用支援から労務・税制面まで幅広くサポートしてくれるのです。実際に多くの日本企業がインドネシア進出支援会社の力を借りて現地進出を成功させています。海外進出業務にかかる負担を大幅に軽減させ、現地でのビジネスに集中するためにもインドネシア進出支援会社のサポートは欠かせません。新規にビジネスを立ち上げようという独立起業の場合は、なおさら心強い味方となってくれるのです。